写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。


 カメラを直したり掃除したり試写してみたり。
戻る 最新記事へ
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

December, 2018
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
<< < 今月 > >>
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
Twitterにリンクとコメントをtweetできます。

**この記録帳のカウンター**
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリー
サーバーの許容量目安
■■■■■▲□□□□
55%前後使用中・45%残量
< ZENZA BRONICA S2-9 OLYMPUS 35 EC2(1)>

D-76調剤事故

日々のぼやき | 2018年 2月28日(水) 0時26分
 スーパープロドールの残量があと2パックになってしまって、しかし買い足すにはまだなぁ、とか思って。
 まあ、こそこそ作っていたD-76だけど、さすがにしばらく寝かせてしまったので作り直すかー、と。



 メスカップにお湯をとって、順序通りに作っていく。
 まずは無水亜硫酸ナトリウムを少量溶かす。

 メトール2g、無水亜硫酸ナトリウムを計100g、ハイドロキノンを5g、

 ホウ砂を2g



 ホウ砂を2g

 冷水を加えて総量1000ml完成。
 よし、Twitterでつぶやきを・・・うん?



 ・・・8g?
(この時、作業をしていた壁に貼り付けてあったレシピ紙には、ちゃんと2gと書いてあるが、下に但し書きが書き添えてあった)
「D-76Dの場合はホウ砂8g ホウ酸8gとする」

 うわあああああああああああああああああああ調剤事故ったあああああああああああ!?

 大慌てで薬局へ飛んで行き、ホウ酸を入手。
「遮光瓶ありませんか?」
「ありませんねぇ」
 ・・・まあいいか、近いうちに調達しよう。
 帰宅して、すぐにまだ暖かい現像液へホウ酸8gを突っ込む。

 そんな訳で、D-76を作るつもりが、ワンショット希釈現像対応、pH緩衝型D-76dを(意図せず)作ってしまうことになるのであった。これ、希釈せずに使っても問題ないと思うけど、pH計とか持ってないぞ……大丈夫なのかな。
いいね(0) 閲覧(205)
< ZENZA BRONICA S2-9 OLYMPUS 35 EC2(1)>
コメント
1 | kan | 2018年 2月28日(水) 0時34分

大丈夫です。多少は特性が変わりますが、D-76との
大きな違いは無いでしょう。必要ならPH計を
持って行きますよ。
2 | 時深彼方 | 2018年 2月28日(水) 0時44分

 た、たぶん大丈夫だと思います。自己責任ってことで一度現像してみようと思います。
 pH計は高いので、試験紙(ペーパーテスター)のほうを入手したほうがいいのかなぁ、と悩んでいます。
3 | kan | 2018年 3月22日(木)15時43分

例の木刀作りを記事にしました。

「木刀を作った、小太刀編」

http://kanscamera.sakura.ne.jp/hp1/boku.html

4 | 時深彼方 | 2018年 3月22日(木)17時 9分

 ありがとうございます、拝読しました。
 太い枝は相変わらずあの場所で乾燥工程中です。・・・が、もうちょっと場所を変えてあげるべきか迷っています。虫さんの餌食にならないか心配です。
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com