写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。


 カメラを直したり掃除したり試写してみたり。
戻る 最新記事へ
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

December, 2018
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
<< < 今月 > >>
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
Twitterにリンクとコメントをtweetできます。

**この記録帳のカウンター**
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリー
サーバーの許容量目安
■■■■■▲□□□□
55%前後使用中・45%残量
< 一週間の活動 現像大失敗。>

Mamiya 135AFサルベージ

修理と補修 | 2018年 9月18日(火) 3時24分
 先日、お師匠様との繋がりで縁のあった本職写真家noBu様のタレコミで、某所ジャンクコーナーへ行った。

 このとき、サルベージしてきた3つの機種のうちのひとつ、Mamiya 135AFを復活させるべくゴニョゴニョしてた。
 仕様は以下の通り。

・MAMIYA-SEKOR f2.8 38mmレンズ、恐らく3群4枚
 ・シャッター速度は1/8~1/450
 ・開放f=2.8 絞り最大f=17
 ・最短撮影距離120cm
 ・内蔵ストロボはGN14(有効距離1.2m~5m)
・電源は単三乾電池2本(アルカリ)
・(恐らく)コントラスト検出オートフォーカス
・フイルム設定感度はISO25(DIN15)~400(DIN27)



 とりあえずだな・・・
 モルトが剥落してきたからって、ティッシュとか貼るのは流石にやめようぜ。これはないわー。



 ラッカー薄め液とか使ってモルトとかを剥がして、遮光紙がわりにパーマセルテープで対応。
 レンズやファインダー各部を、レンズクリーナーでそれなりに清掃。
 製造からそれなりに時間の経っているプラカメは、迂闊に分解するとそれだけで部品が割れたりするので厄介。注油は最低限のみで。



 電池を入れて試写に出る。
 そして今日、もうそろそろフィルムエンドだな、とか思っていたら突然のダウン。シャッター切れない、巻き上げできない、巻き戻しできないの三重苦に陥る。
 ダークバッグでフイルムを救出し、問題点を洗う。
 まず、巻き戻しできない点。これは原因はそんなに難しく考える必要はなく、巻き戻しハンドルが空転しているから、である。確かにネジでしっかり軸へ締められているものの、それでも空転する。ロックタイトや、所謂ネジロックで固定されていたはずだが、誰かが整備で外したのか、経年劣化なのか、剥がれてしまっている。そんなに簡単に空転する部品ではないはずなのだが……。
 一応、回転部は#1000のサンドペーパーで軽く撫でてみたものの、錆びという程のものもなく、抵抗もない。バネ座金があれば安上がりなのだが、流石に小さいネジなのでこれは難しい。やはり強引にロックさせてみるべきか。



 我が家にそっと眠っていた部品保管庫を引っ張り出して(10年以上触っていない、親父か伯父のもの)、該当する座金がないか確認してみたが、やはり見つからない。仕方ないね。

 次に、シャッターを押せない、あるいは巻き上げできない病。
 最初、メカニカルトラブルを疑った。が、試しにストロボスイッチを操作したところ、いつまでたっても充電完了のパイロットが点灯しない。
 ・・・ああ、もしかして、電圧かな。



 テスト用に使っていた電池は、左の富士通R specである。長期保存性が高く、終止電圧までゆるやかに落ちていくタイプ。
 交換したのが右、金パナ。
 これで動作してしまった。なんてこった。
 電圧を計測してみたところ、使っていたやつは1.3Vあたりをウロウロ。入れ替えるやつは当然のごとく1.6V程度を叩き出した。

 つまり、巻き上げ不良&シャッター切れない病は、電池の消耗のようだった。

 Mamiya 135AFは1980年製。挙動を見る限り、シャッターを半押しすると測距ミラーがパタっと動いて、適切と思われる位置で停止、測定結果をファインダー内の針で表示する。半押し継続でフォーカスロック。
 あっちこっち電気で補助して動くので、それなりに電力を使用するのだろう。それで、電気が足りなくなると安全のために強制的にセーフティが掛かるのが、動かなくなった原因かな。

 とりあえず試写したので、現像してみよう。巻き上げもちょっと不安(硬い)な上に、遮光が適切かどうかも怪しいので、まあ、うまくいったら儲け、程度で・・・。


 ところで今回陥ったバッテリー上がりだが、基本的に巻き上げると各部に通電して撮影準備される・・・んだと思う。しかし、巻き上げた状態でカバンに戻した記憶が無い。もし、仮に巻き上げたままカバンに入れてしまってシャッター誤作動したとしても、そこで止まるはず。どうしてこんな珍妙なバッテリー上がりをしたのか。どこか漏電してるとか、それともこの機種の癖(黙ってても電力使う?)なのかなぁ。
いいね(0) 閲覧(73)
< 一週間の活動 現像大失敗。>
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com