写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【現像記録】

October, 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
現像記録
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< カラー現像:写ルンです400/800/1600 120フイルム現像・当たり外れが多すぎる。>

Fuji 写ルンです400/800/1600現像結果

現像記録 | 2016年 4月19日(火)10時18分
 現像は小型タンクでまとめてやったので、条件は同じ。

 Fuji ISO1600

 わけがわからないよ。一応像は出てるけど、パーフォレーションの情報も読めないか読めるかぎりぎりだし、コマ間も本当に正しいのか微妙。(分からないところはパーフォレーションの数でカットした)
 おそらく妹が撮影したものだと思う、たぶんね。


 Fuji ISO800 Ace


 うーん。京都・・・か?
 赤カブリがひどい上に文字も識別が難しい。これは弟が撮影したものだと思う。


 Fuji ISO400


 これも弟が撮影したものだと思われる。もしくは同伴者。
 というのも、写真の中に弟が居た。このフイルムが一番マシで、15年モノでもISO400以下なら現像に耐えうる。

 今回の同時実験からわかったことは、
1.未現像フイルム放置は、やはり潜像退行が進む。
2.低感度フイルムほど、潜像退行しても像を取り戻せる可能性が高い。
3.現像押しても潜像退行してしまった像は取り戻しにくい。
4.ワンショット薬液でも無理がある。現像薬液調合から見直せば……?

 そんなわけで、このまま放置すると他のフイルムも完全に情報を失ってしまいかねないので、3本ずつ現像を続けようと思う。前浴というのも頭によぎったものの、いろいろ考えてみて流石にそれはないわー、という結論に至る。
 
いいね(0) 閲覧(500)
< カラー現像:写ルンです400/800/1600 120フイルム現像・当たり外れが多すぎる。>
コメント
1 | kan | 2016年 4月19日(火)11時51分

典型的な結果ですね。警察の鑑識ならぎりぎり証拠として使えるが、観賞用としてはもはや終わっています。現像を強くする(高温・時間延長など)方向で頑張っても、全体に濃度が乗るだけで、肝心のコントラストや色情報は再現せず、粒子の団粒化が進むだけでしょう。薬の見直しでの改善は期待できないです。

記録・記念として使えるコマがあるのを期待して、スキャナーの底力に期待するしかないです。
2 | 時深彼方 | 2016年 4月19日(火)15時 2分

 ですよねー……まぁ、現像しなかった人が一番悪い(おそらく)。

 ところで先生は現像前に前浴させますか? 例えばカラーネガなら30度のお湯に90秒、とか。おそらく何の改善にもならないかもしれませんが、いかんせんK社のフイルムは現像液の汚れ方が半端ではないので、これで本当に大丈夫なのだろうか、と心配になります。
3 | kan | 2016年 4月19日(火)16時13分

前浴は120と4×5では実施しています。これらのモノクロフイルムにはバックコーティングがあり、凄い色が出ます。現像液で無色になるから不要という説もありますが、精神衛生とフイルムの馴染みのためにやっています。

カラー系で前浴するのはほとんどありませんが、あまりにも汚れが出るなら洗浄効果はあるでしょう。ただし、感度・粒状には一切影響しません。高温前浴でカプラーに活を入れる効果を狙う人もいますが、違いは不明です。
4 | 時深彼方 | 2016年 4月19日(火)19時25分

 120のB&Wでは前浴アリなのですね、勉強になります。
 カラーフイルムでは・・・やはり不要ですか。膜面が荒れそうな気がするのでパスしていましたが、やらなくてもいいなら、やらないほうがいいですね。ありがとうございます。
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com