写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【現像記録】

October, 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
現像記録
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< 続々と蘇る思い出たち 復活した写真たち>

溜まっていたフイルム全現像完了。

現像記録 | 2016年 4月30日(土)11時24分
 はいこれ証拠。

 数えてみたら、135が38本、120が8本だった。まぁ1~2本の数え間違いくらいはあるだろうが。合計46本。
 4月10日の投稿から、ちょうど20日。(カラー現像・漂白液を山分けしたのが4月9日)1日あたり2.3本のペースで現像したことになる。だいたいあってる。




終わったぞー!!

 いや本当、やっと終わったわ。あとは明日の朝、切り分けしてスキャンしてあげれば、もう何も怖くない(フラグ)。
 120フイルムのスキャンだけは自力で出来ないが、まぁ、面白そうなカットがあったら焼いてあげればいいか。

 よし、飯食ってシャワー浴びて、仕事までしっかり寝る。
いいね(0) 閲覧(311)
< 続々と蘇る思い出たち 復活した写真たち>
コメント
1 | kan | 2016年 4月30日(土)11時36分

ついに終わりですか、大変でしたね。今回のものは普通に現像できているように見えます。

120のスキャンですが、フラットベッドスキャナーなら黒の厚紙でホルダーを作ればいけるでしょう。自力で出来ないと不便だし、製品が減っていますから、早めに確保したいですね。
2 | 時深彼方 | 2016年 4月30日(土)12時 2分

どうもうちのスキャナは構造上、120はスキャンできないようです。スキャン用の光源があきらかに幅不足です、残念。

やっと出来た、というより、やっと下地が出来た、という感じですね。自分の写真作りの下地。もっとも、まだ焼く工程が残っていますので、半分くらいでしょうか・・・。
3 | kan | 2016年 4月30日(土)13時55分

昔なら、写真を芸術の一ジャンルでとらえるなら焼いて完成でしょう。傍観者として記録するととらえるなら、「何を見たか」が問題で、機材やその扱いは副次的なものになり、見落とされている事象の発見が大事になります。事件や事故を報道する視点なら、「いつ何処で」「何を」写し止めたかが問題ですね。

他の表現ジャンルに比べて、機材とその扱いのファクターが一般的に大きかったフイルム時代は過去の事、特殊機材と腕が無ければ不可能だった接写がスマホで簡単にできます。自撮りなんて簡単です。それではフイルムで何ができるのか、これがなかなか難しいです。デジタルで簡単にできることを、難しい道具を滑らかに扱って写し止めている。複雑な化学プロセスを駆使しているという自己満足でしかないという自虐的な気分もありますね。

個人的にはデジの絵に親しめないから昔通りにやるかな。手間暇を楽しむのかな、そんなところです。考えると難しいです。だから考えずに直し、写すのみです。
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com