写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【撮影記録】

October, 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
撮影記録
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< 富士スカイスポーツ様撮影会5 お仕事は順調。>

富士スカイスポーツ様撮影会6

撮影記録 | 2016年 5月11日(水)16時22分

 とりあえずファイナルカット。
 ほかにも写真はあるのだが、集合写真や遊戯写真をいたずらに掲載することはできないので。

 ところで、カメラには撮影情報が残っている。以下がその情報。


ファイル名 IMG_3691.CR2
ファイルサイズ 21.7MB
カメラ機種名 Canon EOS 60D
ファームウェア Firmware Version 1.1.0
撮影日時 2016/05/05 10:46:35
カメラの所有者名
撮影モード 絞り優先AE
Tv(シャッター速度) 1/200
Av(絞り数値) 14
測光方式 評価測光
AEロック オン
露出補正 0
ISO感度 200
ISO感度自動設定 オフ
レンズ EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS II
焦点距離 30.0mm
画像サイズ 5184x3456
クロップ/アスペクト 3:2
画質(圧縮率) RAW
ストロボ 非発光
FEロック オフ
ホワイトバランス オート
AFモード AI フォーカス AF
測距エリア選択モード 自動選択
ピクチャースタイル ニュートラル
シャープネス 0
コントラスト 0
色の濃さ 0
色あい 0
色空間 sRGB
長秒時露光のノイズ低減 2:する
高感度撮影時のノイズ低減 0:標準
高輝度側・階調優先 1:する
オートライティングオプティマイザ しない
周辺光量補正 する
ダストデリートデータ なし
ドライブモード 高速連続撮影
ライブビュー撮影 オフ
カメラBody No. 1460******
コメント


 まぁ、こういう情報って結構大切で、EXIFにすると大半の情報が失われるか、省略されてしまう。
 で、それとは別に「レシピ」があって、撮って出しというわけにはいかんので、ちょっとだけ補正するわけです。以下がレシピデータ。


明るさ調整 0.00
ホワイトバランス 太陽光
ピクチャースタイル 忠実設定
コントラスト 0.0
シャドウ 0.0
ハイライト -1.5
色あい 0.0
色の濃さ 0.0
リニア OFF
ブラックポイント +3.92
ミッドポイント -0.51
ホワイトポイント -1.00
シャープネス 強さ: 2.0 細かさ: 2.0 しきい値: 2.0
オートライティングオプティマイザ OFF
RGBトーンカーブ 編集なし
輝度ノイズ緩和 1.0
色ノイズ緩和 2.0
色調整 OFF
色相 0.0
彩度 +100.0
レッド OFF
オレンジ OFF
イエロー OFF
グリーン OFF
アクア OFF
ブルー OFF
パープル OFF
マゼンタ OFF
レンズ補正 ON
デジタルレンズオプティマイザ OFF
周辺光量 66.0
色収差 OFF
色にじみ OFF
歪曲 OFF
効果 -
角度調整 0.00
トリミング OFF
左回転・右回転 270度
ダストデリートデータ適用 データなし
コピースタンプ OFF
色空間 sRGB


 こちらもEXIFには出力されない。元写真からどこまで弄ったのか分かるデータ。
 見てもらえればわかる通り、今回の写真は最低限の処置しかしていない。ホワイトバランスを設定してガンマ調整、あとは明るすぎる場所をちょっとだけ下げている。

 こういう情報、さてどこまで役に立つか、というと・・・実は正直役に立たないというのが本音。RAWでデータを送る場合は扱えるだろうが、そのデータを読み込んで補正できるソフトウエアがなければ、本当に何の意味もないデータ。
 今回の場合はCanonなので、Canon専用ソフトウエアか、フォトショがないと駄目。後者の場合であっても、RAWが読めないならば意味がない。だから渋々JPEGにしてデータを入稿するわけだが、JPEGって不可逆圧縮なんだよねぇ。しかも記録できるデータも限られてる。

 規格がバラバラって、本当に不便だよね。
いいね(0) 閲覧(361)
< 富士スカイスポーツ様撮影会5 お仕事は順調。>
コメント
1 | kan | 2016年 5月11日(水)18時31分

RAWを処理する人は大変な手間と知識と機材が必要ですね。スマホで適当に写して好きなフィルター処理して出す。それで十分な人が多いから、全く違う世界ですね。便利になったのか不便なのか良くわかりません。

印画紙の裏に手書きで簡単なデータのみ添付した世代としては、なんでそんなにデータが必要なの、「出した結果だけ見れば良いんじゃない」という気がします。後加工が無茶苦茶に出来るからかな。
2 | 時深彼方 | 2016年 5月12日(木)14時 1分

 デジタルカメラといっても、カラー設定をニュートラル(補正なし)にすると、どうしてもグレーっぽい色調になります。
 これはモニターがおかしいのではなく、おそらく中間調部分で色を稼いでいるためだと思います。軽度でも重度でも、白飛び・黒潰れは何をどうやってもデジタルでは補正ができないので、0から255(今は0から32767かも)の中の、その中間数値に写真全体を評価して丸めて行く……うまい表現が出来ないのですが、中間調に重きをおいて後は人間の目に任せた、みたいな、そういうところがデジタル一眼とかコンパクトデジタルの処理の標準になってしまったのだと思います。

 ちなみに0から255とか、0から32767は「1つの色に対して」です。内部的にInt型なのかdoubleなのかfloatなのかとか話は尽きないわけですが・・・

 せっかくだから、今日のアップする写真のテーマは、それにしてみよう。
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com