写真家

※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
APNICにて日本に割り当てられているIPv4アドレス以外からのPOSTを禁止しています。
◆日本国内であっても企業や特殊な割り当てをされているIPアドレスの場合、投稿出来ない事があります。
Comments cannot be posted from outside of Japan.
戻る 最新記事へ

【拠点整備・設営記】

August, 2021
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
拠点整備・設営記
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
玉鬘野営地設営記2>

玉鬘野営地設営記1

拠点整備・設営記 | 2016年 5月24日(火)13時55分
 ごめんなさい、写真のネタ切れなんです。
 撮影はしているのですが、カラーで。折角頂いた400T-MAXをさっさとMAMIYA PRESSで使えよノロマ。

 まぁ、そんなわけで写真整理していたら、私が拠点にしている玉鬘野営地について記録していた写真を発見。ちょっとずつアップしていくことにした。

 いちにちめー。



 すべての元凶。ここから始まった。10月19日、午後1時。
 固定資産にしないために、コンクリのブロックを基礎に使う。当然埋めてない。
 ちなみにこっちは管理小屋ではない。念のため。



 10月は日暮れが早い。まだ午後5時46分。基本的な柱ができる。



 30分後。このあと入れる梁や小柱のための準備を行う。


 ふつかめー。



 二日目の午後4時。一日かけて筋交いやらなにやらを作りこんだ。
 実はこれ、あとトタンかけてドアつけて終わりなんですわ。
 ここまでの予算は1万円で余裕でお釣りが出る額。
 どうしてこうなった。


 次回は管理小屋。
いいね(0) 閲覧(493)
玉鬘野営地設営記2>
コメント
1 | kan | 2016年 5月24日(火)14時42分

こういうのは仕事用でも楽しいですね。もちろん作業はそれなりに大変ですが、男三人がかりならいろいろなものが作れますし。
野良の小屋は金をかけて作るものじゃなく、廃材利用が基本ですから、いかに上手く安くあげたかが自慢の種でしょう。
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com