写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【紙焼き-準備と実施】

October, 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
紙焼き-準備と実施
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< 最終打ち合わせ完了。

はじめての紙焼き

紙焼き-準備と実施 | 2016年 6月16日(木)23時47分
 成功!



 この右手で掴んでいる部分を1600dpi(スキャナの限界)で拡大スキャンすると


 ふむ、素晴らしい解像度だ。焼きは硬いけど、これくらいが好み。上の写真はMAMIYAPRESS SUPER23(6×9)で撮影。
 傾いている写真があるな。あとでカッティングしないと。どうして傾いた。

 比較のために、OM-2Nで撮影した写真も、先生が帰宅した後にちょっとだけ焼いてみた。
 先日フォトグラファーnoBuさんの展示会に行ったときの入り口のカット。
 OM-2Nですから35mmフィルムです。



 で、この一番下にある価格表を同じく1600dpiでスキャン。



 ・・・すげぇ。
 比較までに、そのときの写真をネガスキャンしたものが下のこれ。



 やばい、紙焼き楽しい。これはハマる。
 今日は覆い焼きを少しだけやったけど、これ奥が深い。
 印画紙40枚くらい消費してしまったが。
 しかし、4号紙も出番があったので良し。古いフイルムのプリントでは4号のほうがいいな。普段はまず使わないだろうけど。

 明日の投稿はカメラレストアと試写について。
いいね(0) 閲覧(386)
< 最終打ち合わせ完了。
コメント
1 | kan | 2016年 6月16日(木)23時58分

Good Job! お疲れ様でした。でも疲れは無いでしょうね。

スキャンとの違いがわかったと思います。焼いてナンボという感覚も。これで写真の入口から出口まで一先ずコンプリートですね。

秋の特訓テーマ用に、某69プレスカメラを整備しています。その後の4×5も(笑)
2 | 時深彼方 | 2016年 6月17日(金) 0時19分

 日付が変わってしまったので・・・昨日はありがとうございました。これを経験すると「焼くために撮る」押しになりますね。撮らなきゃ焼けないですから。

 特訓・・・本当にやるんですか。私はゆとりある勉強、しかも反復勉強派。

 詰め込み教育しすぎていませんか・・・(小声)
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com