写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【修理と補修】

October, 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
修理と補修
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< CanonetとTsubasa Semi F1 Kodak ブローニーブルズアイ>

Konica FP リペア

修理と補修 | 2016年 6月23日(木)11時27分
 昨日の稿のコメントで、Tsubasa Semiの話が出ていたけど、先生のページを見て変な声が出た。錆だらけ蛇腹崩壊をよくぞここまで・・・。
 ちなみにTsubasa Semiですが、ロック機構がご機嫌斜め。ちょっと板金……かなぁ。


 本日の犠牲者はKonica FPです。
 一眼レフ……先生から珍しいものを託された。(邪推だが、先生が一眼レフ嫌いだから渡された?)
 ちなみに、ここしばらくのリペア(先述の記事を読んでレストアと呼ぶのは止めた。私はまだまだリペアだ)に関しては、先生のウェブサイトを読まないように、検索も最低限にして出来るだけ独力でやってみる方針をとっている。他の人の丸パクリでは知識にならん。

 さて、「動作可能箱」の中に入っていた動作しないカメラだった。
 おそらくは「直せば動作可能、難易度は低い」って意味だと勝手に解釈した。

 まず、巻き上げ動作が出来ない。致命的。巻き上げ動作が出来ないということは、シャッターも切れない。


 ……うーん? ぱっと見た感じ、パーツ不足でもなければ何か飛んだ痕跡もない。
 これは裏フタのほうかな。確かそっち側にガバナーがあるはずだし。


 裏フタを外してみた。矢印のポイントのネジがガッバガバに緩んでた。それだけ。さっと注油して、ネジを増し締め。原因はここではない。裏フタを閉じた。
 この脇というか上部の穴のところがまるっとスローガバナーが入っているはずなのだが、なんとこのネジ、おっそろしいパワーで閉めこまれていて、びくともしない。それどころかドライバーが負けて1本曲がる、1本は先端が欠けた。諦める。ちゃんとした精密ドライバー買いなおし決定。曲がるのは分かるが、まさかビットが砕けるとは。


 あっちこっち注油したり、マイナスドライバーでギアの噛み具合を確認していて、どうも巻き上げ機構というより、撮影動作後に何か「障った」んじゃないかと結論が出た。ちょっとずつ追いかけてみると、どうも「撮影ボタン」の裏側にあるピン(巻き上げロックか、シャッター作動直後にバネの過剰反転動作を止める機構)が怪しい、と感じた。
 静かにマイナスドライバーで動かしてやると、コチン、カチャッという音が。

 ふむ。巻き上げできた。


 そそくさと組みなおす。
 シャッター動作を確認するも、どうもおかしい。で、その「どうも」の部分はフォーカルプレーンがモタつくという症状ではないかなぁ、と。


 コパル・スクエア。見て分かる通り。油が乗ってる。
 過去にメンテナンスされたのだとしたら、そこが原因か。(今回、ここまで染み出すような注油はしていない)
 とりあえずラッカー薄め液で荒い汚れを落として、次にFUJIのレンズクリーニングリキッドで綺麗にする。油を溶かす仕様の液なので、これがまたよく効く。(※スタンダードに進めるならばナフサオイルのほうが良いかもしれない?)
 動作状況はこちらから。
 http://www.mobypicture.com/user/kanatatokimi/view/19208465

 うーん。いまいち。先幕がノロいな。試写しないと分からないけど、おそらく先幕が遅い。



 レンズを綺麗にして、



 とりあえず完成。シャッター部は引き続き清掃を実施する予定。
 いや、このカメラ、デカいんですわ。大きさも、音も。でも気持ち良い。
 早く、ちゃんと使えるようにしてあげたい。

 ああ、それと。
 先ほど到着しました。

 2号キャビネ・3号キャビネ・パピトール。
 すっかり沼に嵌っています。
いいね(0) 閲覧(1149)
< CanonetとTsubasa Semi F1 Kodak ブローニーブルズアイ>
コメント
1 | kan | 2016年 6月23日(木)12時 3分

集合知が人類の進化を進めてきました。「前車の覆るは後車の戒め」です。先人の経験は全てありがたく頂いて、より高みに上る方が良いのではないでしょうか。レストアで最大の功績は、「皆で考えて前に進む」です。
この正規が始まった頃、クラカメブーム、それに伴うレストアブームがありました。その中で「レンジファインダー」を主催されるビュッカーさん、独自の研究で手作りカメラを作っている610さんの所に多くの人が自己の経験や成功、失敗体験を投稿し、御互いに知識量を飛躍的に高めました。この時代が無ければ捨てられたカメラは今よりずっと多くなったでしょう。

カメラ自体、一人の人が作ったわけではなく、多くの積み重ねがあります。一人には限界があります。なんでも一人ってのは・・・単なる自己満足になりかねません。他の人の知識はありがたくいただき、自分はその先に進むのは無駄な時間を次のステップに進むための研究時間を作ってくれます。それに、実際に研究しなければ頭でわかっても実技は無理です。例えば「緩まないネジ」を緩める機材とノウハウ、口でわかっていても、自分で工夫しなければ無理ですね。そこに自分なりの進化があるのです。
2 | 時深彼方 | 2016年 6月23日(木)12時43分

>他の人の知識はありがたくいただき、自分はその先に進むのは無駄な時間を次のステップに進むための研究時間を作ってくれます。

 この言葉、しかと受け止めました。
 とりあえず、まず見て、分からなければ情報を探して、参考にして・・・とりあえず模索してみようと思います。
 と書きつつ、重病なカメラはこれでだいたい終わりました。あとはMinoltaflexとKodakの「なんかすごいかめら」ですね。後者は撮影はしないものの、一応清掃はする予定です。
3 | kan | 2016年 6月23日(木)13時30分

次もあるけど、ごっそり・笑
4 | 時深彼方 | 2016年 6月24日(金)16時26分

 いやもお勘弁してください試写も終わっていないんです・・・。

 というか、手元にあるとローテーションして使ってしまいます。(寝かせておくより動かしたほうが良いのだとは分かっていますが)
 これが終わったら保管してあるカメラの定期メンテナンスをする予定です。

 ぽんぽんジャンクを渡されたら、玄関先の棚に飾る羽目に・・・なりかねないです。冗談抜きで。
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com