写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【修理と補修】

October, 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
修理と補修
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< KonicaⅡ 定期メンテナンス Konica C35試験現像の結果>

Tsubasa Semi検証

修理と補修 | 2016年 7月16日(土)12時52分
 撮影しない現像、やってみた。


 ダークバッグ内でフイルムを切って、そのままTsubasa Semi F1へ。
 窓際で蛇腹を伸ばしたまま(シャッターは切らずに)20分放置。

 シャワー浴びてから皿現像。
 結果、見事に光を引いている。(左上は恐らくデイロールの影響、本命は右下)

 ・・・先生すいません、このカメラ何処から光漏れしているのか分かりません。
いいね(0) 閲覧(500)
< KonicaⅡ 定期メンテナンス Konica C35試験現像の結果>
コメント
1 | kan | 2016年 7月16日(土)16時15分

ノープロブレム

捲土重来・使える新人準備中
2 | Kz | 2016年 7月18日(月)14時19分

光漏れチェックは・・・まず、蛇腹伸ばして裏側からストロボ焚いて確認。
それでどこからも光が見えなければ、本体なのでレンズ側からストロボ焚いてみます。
パーマセルや厚紙をうまく使って外の光を閉じ込めて、中からの光が見えるようにします。
シャッターをバルブにするか、レンズごと外して。
3 | 時深彼方 | 2016年 7月20日(水)10時36分

Kan先生>
 展示用として飾ることにします。時々動かしてあげて、機会とスキルが用意できたら改めて挑戦してみようと思います。

Kz様>
 一応それっぽいことはやってみたのですが、どうにも原因が分かりませんでした。
 裏側からではなく、蛇腹の折り目か本体接続部から入っている気がするのですが・・・こういうのは難しいですね。
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com