写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【修理と補修】

October, 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
修理と補修
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< Konica C35試験現像の結果 Konica C35 CdS交換>

MAMIYA 6 手当て中。

修理と補修 | 2016年 8月 7日(日)16時 3分
 さて。現像したネガをライトボックスに載せて、ルーペで見た結果がこちら。



 
 一枚目は距離無限に合わせて撮影したがボケてる。Tv 1/250, f=8の条件で。
 二枚目も無限に合わせて撮影したがボケてる。Tv 1/50 f=16の条件で。厳密に言うと、手前にピンがあるようにも見える。

 先生よりアドバイス。

 
 ぐぬぬ。オーバーインフか。そういえばレンズは載せ替えされているんだった。もっと早く気づくべきだった。


 ということなので、実際にやってみる。


 現像した時の端尺をメンディングテープで貼り付け。これで正解なのかは分からないが、とりあえず像が見れるはず。
 これにルーペを当てて、無限遠の位置を探る。

 最初はこのあたりが無限遠だと思った。レンズはBにして絞り開放。
 で、どうも分かりづらいのでf=11くらいまで絞り込んで再確認したところ、やはり同じくらいの位置で結像した。


 ちょっと前の写真になるが、この状態にして、距離指標のネジを外し、慎重に無限の位置の表示を適正位置へ誘導。これやる必要はあるのか、と思うかもしれないが、最短撮影距離にも関わることなので、念のためにやっておく。

 位置が決まったら、この距離指標のプレートの下のイモネジを回して、二重像の結像位置を変更する。かなり威勢よくグルグル回さないと合わなかった。本来は軍艦部を外さなくても調整は可能なのだが、距離計の表示部がズレてるので気持ち悪いから一応やっておく。


 距離計調整後の最短撮影距離はこちら。5フィートちょっと手前。150cm前後か。近接距離を犠牲にして、無限位置を合わせる荒業だけど、まあ、150cmならそこまで酷い話ではあるまい。メジャーで対象物までの距離を計測して、最短撮影距離に近い5フィートで一発で合焦・・・したが、どこまでうまくいくか信用できない。

 こりゃあ、もう一度120フイルムを入れて撮りなおしだなー。
 まぁ、日々勉強だと思って粘り強くトライするしかない。と。
 
 あと、重症じゃあないけど光漏れ発見。しばらく様子見。
いいね(0) 閲覧(609)
< Konica C35試験現像の結果 Konica C35 CdS交換>
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com