写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【日々のぼやき】

July, 2020
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
日々のぼやき
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< 怒りの日 大晦日となりました。>

真実を知りたければ、まず嘘を知れ。

日々のぼやき | 2016年10月 9日(日)11時 9分
(低い声で)

 家族が骨折してカメラ触れない日々が続いておりまふ。何かの技術力が日ごとにダウンしていってる気がする。
 お風呂場で悶々としながらシャワー浴びてて、ふと、思いついたのでちょっとメモ。

 5人で箱根に行きました。
 皆が違うカメラを持っています。
 さて、どの写真が、どのカメラで撮影されたものでしょう。
(EXIFは削除済みな上、サイズも調整してありますので判定は超高難度。)
 
 天候は曇り。すべてデジタルカメラです。
 撮影は2007年7月21日、撮影時間もほぼ同じくらいの時間です。

1番


2番


3番


4番


5番



 候補機種はこちら
・SONY DSC-T5(カール ツァイス「バリオ・テッサー」レンズ)
・KDDI SN W51S(SONY製 携帯電話)
・Fujifilm FinePix F700(SUPER EBC FUJINONレンズ)
・Panasonic DMC-FX1(レンズはライカDCバリオ・エルマリート、非球面3枚)
・SONY DSC-N2(5群6枚 カール ツァイス「バリオ・テッサー」レンズ)

 何このSONY率の高さ。
 基本的にデジタルカメラの写真は見分けがつかない。しかもこんな悪条件の中で撮影した写真、無補正。

 ということで、正解はこちら(反転で出てきます)


1番は私が撮影。FinePix F700
2番は友人が撮影。Panasonic DMC-FX1
3番は担任が撮影。SONY DSC-T5
4番はクラスメイトが撮影。KDDI SN W51S
5番もクラスメイトが撮影。SONY DSC-N2

 でした。

 はっきり言ってわっかんないよね。
 こういう天候下で適切に撮影できないのは各々の腕とカメラの制御の問題もあるだろうが。
 正直なところ、これに適当な補正をかけると、それっぽく見える・・・ので、デジタル写真ってあまり信用していない。

 真実を知りたければ、まず嘘を知れ。
 貝木さんパネェ。
いいね(0) 閲覧(397)
< 怒りの日 大晦日となりました。>
コメント
1 | kan | 2016年10月 9日(日)17時 0分

ジャギーや発色の違い、遠景のピントなどの
違いはわかりますが、この条件では比較はでき
無いですね。4枚目はコントラストやピントで
他のものに劣るとしかわかりません。
2 | 時深彼方@Mobile | 2016年10月10日(月) 4時41分

4枚目は携帯電話ですから、レンズ性能もセンサーサイズも他のものより劣っています。当時の携帯電話の限界ですね。だいぶ前の写真ですし。
この時代くらいまでは、普通に触った場合にフイルムのほうが優れてました。或いは同等程度、でしょうか。
レンズにレンズメーカーの冠がついていても、肝心の撮像素子がまだそれに追いついていない感がどうしてもあります。
恐らく最近のスマートフォンなら、同じ条件で撮影した場合でも綺麗に出ると思います。が、所詮携帯カメラですので、被写界深度が稼げない可能性が。
3 | kan | 2016年10月10日(月)12時43分

携帯はレンズの焦点距離がごく短いからほとんどパンフォーカスです。それを内部的に修正して見せる技術が飛躍的に上がったと言うことですね。
耐久力は低くても加工の自由度が遥かに高いプラレンズとソフト技術の合わせ技で実用レベルになったのはすごいことです。面白いかは別として、いつでも簡単に写せるのは革命的です。逆にきれいに前後をぼかすのは不得意で、被写体を浮き立たせるのは難しいです。ボケは中判以上のカメラのものですね。
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com