写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【修理と補修】

July, 2020
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
修理と補修
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< ЧАЙКА-Ⅱ 異常発生 本当にボケ玉かもしれない・・・。>

ЧАЙКА-Ⅱ補正作業中。

修理と補修 | 2016年11月 8日(火) 3時14分


 ЧАЙКА-Ⅱ Fuji NEOPAN 400 PRESTO Dev:SPD
 とりあえず2400dpiのサイズのまま掲載。前者はピントを無限遠に設定。後者は絞り16でわざと被写界深度ぎりぎりのポイントに無限遠を置いてみた。

 ・・・んー? まだ甘いかな。一応、シャープフィルター(輪郭補正)を掛けてみた。
 何せハーフはЧАЙКА-Ⅱしかないので、どこまでが正確なのか分からないんだよねぇ。
 スキャナのフイルム読み取り機構を信用していないわけではないが、精度がぼちぼちってことを考えると、おそらくもう一歩なのかな。

 ・・・でも、被写界深度で稼いでもこれってことは、レンズがひどく汚れているか、スキャナの精度の問題ってことも考えられるか。あとは現像不足って線も考えられる。

 ちなみに最短撮影距離(80cm)に合わせて撮影したものがこちら。



 ふむぅ?
 ディティールは分かるが、シャッター速度は最高速固定、絞りも16で固定、明るさ的に1~2段オーバーという条件での撮影だが、こんなもん・・・なのかなぁ。そんな筈は無いと思うけど。
 

 カメラっていうのは、何ていうか「いつでも呼ばれたら持ち出せる」くらいに整備しておかないと気が済まないんです。まるで服みたいなもので、今日はこれにする、って決めたら整備せず、そのまま持ち出せる位で待機されているのがベストかなぁ、っていう。
 だから、きちんと整備されていないのがなんか気になって仕方が無い。
 ・・・けど、次はリコフレorゼンザだからなぁ。とりあえずこのネガは紙焼きしてどういう結果が出るかで、再調整をするかどうか決めるかなぁ。
いいね(0) 閲覧(471)
< ЧАЙКА-Ⅱ 異常発生 本当にボケ玉かもしれない・・・。>
コメント
1 | kan | 2016年11月 8日(火) 3時43分

過去のものがリンクページの中ほどにあります。画像は小さいですが、明らかにピントが違いますね。フイルム専用スキャナにアンシャープ無しです。昨年整備したKazさんのものはボケ玉でした。ソ連のレンズはバラツキがあるのでその辺が原因かもしれません。

http://kanscamera.sakura.ne.jp/hp6/html/t03.html
2 | 時深彼方 | 2016年11月 8日(火)11時34分

 リンク確認しました。
 やはりこれ位の鮮鋭度がないと、おかしいですよね。しかも、すりガラスでピント調整したうえで、さらに目いっぱいまで絞り込んでこんな眠たい写真になるというのは・・・。

 本当にボケ玉?
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com