写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【情報処理】

October, 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
情報処理
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< 話題の激安マシンを買ってみた ウェブサイト改良完了>

話題の激安マシンを買ってみた(2)

情報処理 | 2016年12月 6日(火)18時50分
どうやら家族か職場のどちらかから、おもいっきり風邪頂いたようです。
 どうも。カメラには関係ないけど前回の続きを忘れないうちに書いておこうと思います。

 今回もドン・キホーテの「ジブン専用PC&タブレット」レビューとか使用感です。
 ソフトウエアに関する話は極力避けて、ハードウエアのほうに重点を置いてレビューします。
 ただし、私の専門はソフトウエア+セキュリティなので、そこらへん絡まるところはちゃんと書きます。


 前回の投稿では基本的な部分のお話をしましたので、今回はちょっと専門的なところに踏み込んでみます。

 マイクに関して訂正しました。(2016/12/14)



 インターフェイスについて。
 折りたたんだ状態で、上部(タブレット本体)の左から順に、電源コネクタ、microHDMI端子、microUSB端子、3.5φイヤフォンジャック。
 下段はUSB2.0ポートが、こちらと反対側に1個ずつ、合計2個。
 本体上部に電源ボタン(スリープボタン)と、音量ボタン。タブレット中央にWindowsタッチインターフェイス(触るとスターとメニューが表示する)。
 本体最上部にはフロントカメラとリアカメラがある。

 2in1のノートパソコン状態で、画面右側にコネクタ類が集中配置される構造で、不便するようなことはない。コネクタ間の距離も適正。
 問題を挙げるとするなら、microSDHCカードスロット(写真のヒンジの位置に隠れている)だが、設計のツメが甘いため、爪では取り外し・挿入不能である。ピンセットか爪楊枝の頭を使って押し込む必要がある。まぁ、拡張ストレージとして利用するなら頻繁に取り外しするものではないだろうから、これはこれで一種の「安全策」なのかもしれないが・・・。



 状態表示ランプ全点灯状態のキーボード。一部のキーはFnキーを押しながらでないと使えないが、使用頻度の低いキーに限定されているため、不安感は無い。¥マークやスクリーンショットがFn対応キーになっている。あと、「ろ」キーだけ何故か一番下に追いやられている。まぁ、ローマ字入力しているなら滅多に使うキーでもないからこちらも不便しないかな。アンダースコア(_)を出すのがちょっと不便するくらいか。いかんせんキーボードのサイズもタブレットと同じにしなければならないという制限があるので、これらは文句をつけるところじゃあないね。

 LEDランプは左から「電源オン(+タブレット接続中)」「CapsLock」「タッチパッド無効化中」のインジケータになっている。キーボードはBluetooth接続ではなく、接点接続なので、タブレット本体を外せば当然電源供給がなくなるのでランプは消える。
 だから、こっちのUSB2.0端子にはストレージを接続すべきではないと思う。無理に画面を倒したりすると、時々接続が一瞬切れてしまう。だから、ストレージは本体側のmicroUSBを「メス変換コネクタ」を使ってやることを強く推奨する。

 重量はキーボードと本体あわせて1kgとちょっと。キーボードと本体で、ちょうど重さは半々程度だろうか。キーボードが重いという意見もあるが、これは「USB2.0ハブにキーボードとタッチパッドとUSB2.0差込口を2つくっつけた」構造である上に、目いっぱい画面を開いて倒れない重量ぎりぎりという設計になっているためだ。


 こちらはデバイスマネージャーのスクリーンショット、しかも原寸サイズである。
 デバイスの基本構成は前稿を確認して頂ければ良い。
 ハードウエアはあまり得意なほうではないのだが、内部的にPCI Expressポートで、グラフィックもeMMCドライブもオーディオも制御しているようだ。まぁ、帯域とサイズを考えれば、あれこれ変な実装するより簡単で安上がり。悪くないね。
 で、下のほうにUSB3.0のホストコントローラが見えてる。が、残念ながら手元にUSB3.0のマイクロB端子がないので、これが使えるかは不明・・・というか、マイクロBプラグの構造からして、恐らく対応していない。
 一見、HDMIポートに、と思うが、コネクターの距離も違うし物理的形状がそもそも違うので、あくまで内部実装的に、あくまでソフトウエア制御の実装として「入っているだけ」のようだ。USBソケットはすべてUSB2.0である。

 ・・・で、まぁ。最大の問題点というか、誤算というか。
 マイクが無い。
 もう一度。カメラがあるのにマイクがない
 いやまぁ、コルタナさん使うとMicrosoftにデータが勝手に送信されてしまうので、ある意味究極のセキュリティ対策のひとつではあるのだが。
 なんと、マイク入力端子もない。
 USB DACとかUSBマイクをつけないと、音声入力は出来ないのだ。コルタナさんに仕事をさせないハードウエアである。個人的には歓迎だけど。Skypeとかやる人からすれば、ちょっと不便かもしれないね。
 そこでBluetoothの出番です。Bluetooth搭載してるので、こっちからマイクを認識させれば良い。ハードウエアは自前で用意しなきゃいけないけど、ゴミみたいなマイク穴があるよりマシかな。


 ---追記ここから---
 Anniversary Updateかけたマシンを一度初期化して、もっぺんAnniversary Updateしたところ、なんと突然マイクが出現した。どういうことだ。
 最初からサウンド関連のところを調べていたのだが、サウンドレコーダーを起動すると「マイクを接続しろ」と叱られ、その後Anniversary Update後もマイクが出てこなかった。
 ところが、昨日あたりから初期化して(理由は画面が回転しなくなった)もう一度確認したら突然マイクを認識。画面の自動回転は相変わらず動かなくなったが、マイク出てきた。
 どういう事なのか誰か教えてくれ。

 ---追記ここまで---

 あ、前回も書いた話なんだが、オンボードの無線LANがゴミ仕様です。この機種最大の難点はこれか。
 どう調整しても、リンク速度は72Mbps(おそらく多重通信できないシングルバンド仕様)、そして通信速度は頑張っても30Mbps~40Mbpsしか出ません。いやまぁ、そんだけ出ていれば、まず不便することは無いだろうけど。



 ということで、だいたいこんなもんだろうか。
 ここで、これからこのデバイスを買う人向けにアドバイス。

◆購入層
 デスクトップしかもっていない人が、モバイル用に持ち歩くデバイスとして買うのはアリ。
 2in1なので、タブレットもしくはノートパソコンが欲しいという人にも向くと思われます。
 但し、制約が色々あるので、自分で解決できなければ文鎮となります。メーカーサポートは皆無といって良いでしょう。
 ゲーム性能は、Minecraftがほぼ最低設定にすれば、不便しない程度に動く程度。ただしメモリは枯渇する。Direct2DもOpenGLも、本当に必要最低限しか実装されていません。これで動く3Dゲームは、ほぼ無しと見るべきでしょう。

■Windows10 アニバーサリーアップデートはされていません。
 自力でアップデートしようと内部的に頑張っていますが、ストレージの空き容量が不足しているのか、ほぼ確実に更新失敗します。他のマシンでアップデートパッチをダウンロードして、USBメモリ経由でアップデートすれば問題なく完了します。但し、インストーラパッケージではなく、ISOファイルをダウンロードして、データをぶっこ抜いて、USBにコピーして、それを食わせる方法にしないと厳しいかも。

■定期的にお掃除する必要があります。
 内部ストレージは最低限なので、キャッシュやWindowsUpdateの残骸など、定期的に不要なファイルを掃除する必要があります。
 私のマシンはWindows10+アンチウイルスソフト+Firefox+Foobar2000(ジュークボックス)+Media Player Classic+DropBoxを入れて、パッチを全部あてた状態で、残り領域が14GB程度です。
 なお、オペレーティングシステムには「コンパクトモード」がデフォルトで設定されているようで、NTFS圧縮を行う必要性はありません。

■内蔵スピーカーについて
 NHKのネットラジオ「らじるらじる」、きょうのニュースのPoscastは音量が小さく、音量MAXにしても、ちょっと騒がしいところでは視聴が難しくなります。ただし、音楽ファイルや動画などはプレーヤー音量を上げれば割と聞けます。パワーがないので低音は表現できませんが、最低限の能力はあります。
 Bluetoothヘッドセットまたはイヤーフォン、もしくは3.5φイヤーフォンジャックのついたイヤーフォンがあれば大丈夫。ジャックから出力される音声は明瞭です。劣化してたら大問題だが。
 Bluetoothプロファイルは4.0です。原則どの機材にも互換性はあるはずですが、おそらく初期世代のBluetoothとはペアリングできないと思います。切り捨てられた互換性というものです。仕方が無いね。

■IPS液晶について
 10.1型 1280×800ピクセル、32ビット。
 ちょっと濃い目の発色のようですが、モニタの設定で微調整できます。
 白の発色性は問題なし。タブレットということで重要なタッチパネルは10点認識静電容量方式ということで、認識はまずまず。困ったら設定からキャリブレーション・・・してあげれば良いんだけど、なんかチグハグで。まぁ、うまいこと見つけてやってください。一応、タッチ精度は困らない程度にはある。普通、じゃないですかね。

■microHDMIに関して
 実験できる環境にないので割愛。

■メーカー記載ではない仕様について
 メーカー及び外箱に記載されていない仕様が2つ判明しました。



 出先でバッテリー上がりしても大丈夫。MicroUSB端子に給電してあげると、ちゃんとバッテリーの回復動作を行います。
 Windows起動中でも問題なく給電、スリープにして放置してみたところ、ちゃんと100%まで充電できました。
 充電時間はそれなりに掛かります。が、ACアダプタが破損したり、出先でアダプタ持っていない、という時に役立ちします。写真の通り、電源ケーブルは接続していません。
 Androidを意識したボード&BIOS設計のためか、USB給電(入出力)サポートしているのは良いですね。
 給電は5V 2A以上(2.4~2.5A)で行うのが適正のようです。通常の500mWや1Aでは充電できないと思われます。

 ちなみに、Windows7実行中のマシンからUSB接続しても、入力電力が足りないので何も起きません。(やってみた)
 というか、どんな障害を起こすか分からないので、Host to Hostなんて接続はしないほうが良い。

 また、こちらも仕様に書かれていませんが、GPSが使えます。バッテリー問題の次に見つけました。
 精度はデバイスの特性上イマイチですが、ちゃんとマップで位置情報を認識できます。キャリブレーション?そんなもん知らんがな。

 
 とりあえず現状報告できる点は以上になります。
 他に付け足すことといえば、

・SDカードにプログラムファイルを移動するとかハードリンクとかジャンクションとか。そういうのは面倒な上に、標準のソフトウエアは移動できないので下手に手出ししないほうが良さそうです。
 
・標準設定のままだとMicrosoftに情報を送信し続けています。Spybot anti-beaconとか入れて、設定からそういう類のものを全部ストップさせてしまいましょう。

・X-box関係は持っていないならサービスごと切ってよし。

・無線LANは標準搭載だけど、有線LAN(LANケーブル)は使えません。写真見れば分かるけど、そんな厚み無ぇよ。
 USB接続のLANアダプターが使えるか、なんて頭悪い質問をするなら、買うな。何のための「ユニバーサル」シリアルバスなんだ。USB1.1時代のアダプタとかだったら速度的にも規格の古さ的にも「使えない」だろうけど。

・標準で入っているのは、Windows10(コンパクトモード)、あとはOfficeのコンパクト版だけ。余計なソフトだと思うのはWindowsの機能なので、アンインストールするなり無効にしてください。

・OneDriveにリンクする機能が標準で組み込まれてる。使わないなら切っていいよ。でも、Microsoftアカウントあれば心ばかり便利かもしれないけど。

・IME(日本語入力)の「bingに問い合わせ」機能は切ったほうがいい。英数字入力モードでは無効かもしれないが、日本語入力したものが片っ端から送信されかねないので。

・システムの復元機能はデフォルトでオフになってる。オンにしてもいいけど、最大でも10%程度でしょう。ボタン一発で(時間は掛かるが)工場出荷時に戻るので、無理にオンにする必要性は無い、かな。

・UEFI起動(BIOS設定画面ロード)を使うときはキーボードと接続したまま行うこと。でも画面が90度回転したまま操作することになる。BIOSの設定は変更しないほうがいい。動かなくなる。

・これに他のOSを突っ込もうとか思わないこと。Windows7とか入れちゃ駄目。規格的に動かない、もしくは動いてもデバイスドライバが無くて不具合多発すると思う。
いいね(0) 閲覧(575)
< 話題の激安マシンを買ってみた ウェブサイト改良完了>
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com