写真家

※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
APNICにて日本に割り当てられているIPv4アドレス以外からのPOSTを禁止しています。
◆日本国内であっても企業や特殊な割り当てをされているIPアドレスの場合、投稿出来ない事があります。
Comments cannot be posted from outside of Japan.
戻る 最新記事へ

【現像記録】

October, 2021
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
現像記録
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< はじめてのクロス現像 蘇る思い出たち(120)2>

蘇る思い出たち(120)1

現像記録 | 2017年 5月15日(月)14時17分
 昨年の今頃やっていた現像作業



 まぁ実際はこんな量ではなかったのだが、120フイルムを取り込めずに放置していたのを思い出して、さくさくと取り込む。

 案の定、というかネガを見た段階である程度わかってはいたが、潜像退行が進んでいて、どうにもならないものが多いな、という印象だった。
 露出計のないC330で撮影したのは間違いなく、絞りとシャッター速度は親父の勘。露出アンダーはネガが完全に透けていて、露出オーバーは潜像退行と重なって激しい色カブリ。自動スキャン機能では判別できない程におかしいネガもあったが、スキャナをマニュアル操作することで取り込みが出来た。

 で、デジタル技術でなんとか見える程度には回復した。




 がっつり20年ほど寝かせたフイルムだったが、まだ見えるだけマシ・・・か?
いいね(0) 閲覧(578)
< はじめてのクロス現像 蘇る思い出たち(120)2>
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com