写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【撮影記録】

October, 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
撮影記録
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< L35AD - 休暇の記録5 L35AD - 休暇の記録7>

L35AD - 休暇の記録6

撮影記録 | 2017年11月 3日(金) 1時 6分
消防信号



 これを知っていると、消防車のサイレンや鐘の音で得られる情報が少し多くなる。
 ただし、分団でサイレンを運用するところはほぼ無いので、これらは古い情報になってしまっている。

 こういう看板は消滅してほしくない。
いいね(0) 閲覧(247)
< L35AD - 休暇の記録5 L35AD - 休暇の記録7>
コメント
1 | kan | 2017年11月 3日(金) 1時31分

分団の火の見櫓からの半鐘の摺り板(激しく連続して鳴らす=近火)や鎮火の鐘とか子供の頃には聞きました。昭和30年代にはサイレンに代わりました。でも、サイレンはこんな鳴らし方をしたのをほとんど聞いた事はありません。今泉の荒川製麺付近の大火の時しか記憶にありません。使われないし知る人がほとんど無い、死語と同じですね。
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com