写真家"彼方"の白い小箱

注意書き・このサイトの内容の正当性は保証しません。自己責任。

Konica S2
 Konica SⅡをリペア。レストアではない。あと途中で一回壊した。 故障内容は
・撮影枚数カウンター動作不良
・シャッタースタック(不安定)
・セレン式露出計異常
 で、露出計のほうは残念ながら直らなかった。軍艦部を開けたときに、ホコリやゴミと一緒に幾つかのパーツが転がり落ちてきて、間違いなく電装部分のパーツも落ちてきた。元の場所もわからないし、試してみたらセレンも反応がおかしい。測光は、目測かスタデラでやればいいので、こちらは手をつけない。


 撮影枚数カウンタは、2本の鉤爪によってコントロールされている。カウンタ部は常にスプリングによるテンションが掛けられていて、「5」と「10」の間の下側にあるピンとプラスチックが戻ることで鉤爪が緩んで0までリセット、というか戻るようになっている。これはフィルム室が開いたときに0にリセットされる動作。ここの部分がいまいちご機嫌斜めなようだ。「15」の左下にある2本のネジで半固定されていて、リセット動作をすると2本の鉤爪がフリーになって0に戻る。上の爪が1コマ単位のロックで、下の爪が36以上0(S位置)未満に飛ばないようにするためのロック。この写真では30くらいまで巻いてある状態で固まっている。油を与えたが動作しない。
 仕方なく、15の左下のネジ、ふたつある内の大元になる大きいほうのネジをほんの少しだけ緩めたところ、フリーになった。こういうのは緩めたままにするのは良くないのだが、「緩みが進行する」ような状態ではないと判断して、適度に緩めておいた。緩めすぎると今度は鉤爪がギアを押さえきれなくなるので注意。 (※注:正しい対処ではないと思われるが、カメラのネジの中には、締め込まないタイプのものもある。「ユルメ」が応急処置のひとつとなる可能性もある)


 フォーカス位置調整。先生から頂くカメラは、どういうわけかどれもこれもレンジファインダーの調整がブッ飛んでる。これを出来るだけ適切な位置へ誘導。やりすぎると戻せなくなるので慎重に。横位置はビューファインダーの右側の窪みの中のネジを。縦位置(こっちのズレが毎回酷い・恐らく乱視とかの影響)の調整は右向き△の左下の銀色のネジを回すことで調整可能。無限遠で調節するのをおすすめしたい。山で上下、街灯で左右を補正すると割とやりやすい。いざとなったら絞れば被写界深度でカバー出来るので、だいたい合っていればそれでいい。  △のところが露出計なのだが、ここは今回触らない。完全に逝ってる様子なので。

 ここから先はレンズ作業。前玉のユルメだけは先生にお願いした。この機種はカニ目がない。ゴムパッキンやゴム栓のようなもので、摩擦で回さないと外れないようになってる。(※注:現在は緩め用の部材・道具を持っているが、当時はまだ持っていなかった)

 今回からバット内で作業するようにした。白状すると、今までは全部テーブルの上にパーツを広げてやっていた。これは非常によろしくない方法なのだが、手元にバットがあるのを忘れていた。まあ、それだけ。