写真家"彼方"の白い小箱

注意書き・このサイトの内容の正当性は保証しません。自己責任。

Zenza Bronica S2(後期型)


 とりあえずクッソ重いんだけどこのカメラ。
 本体重量1780g……筋トレグッズかよ、ってレベル。但し、これは頑固に作られているという証でもある。

 仕様について。

 昭和40年7月発売。
 6×6判 フイルム交換式フォーカルプレーンシャッター式一眼レフ。フイルムは120・220どちらも使用可能。
 ファインダーはフレネルレンズ付ピントグラス方式。
 面白いのは、ミラーはアップではなくダウン(降下式)動作をする。
 完全自動絞りで、手動絞りボタンによる焦点深度確認も出来る。
 フォーカルプレーン部については縦走り式。
 レンズは、このカメラ標準のニッコールP 75mm F2.8で、おそらくシングルコートの4群5枚レンズ。

 当時としては相当先進的な機構を採用していたようだ。
 ミラーはインスタントリターンミラーで(恐らく当時では巻き上げ動作をしないとミラーが戻らなかった?)、フイルムが入っていないとシャッターが切れず巻き上げも出来ない。(空転する)
 また、フイルムバックに引蓋が入るが、この引蓋を抜かないと巻き上げてあってもシャッターは切れない。(フイルムバックを取り外せば巻き上げ動作でシャッター動作確認は出来る)
 フイルムバックを取り外す時は、引蓋を「押し込む」動作でロックが解除され、フイルムバック単独になった場合、引蓋は抜けない仕様になっている。
 オートマットなのでスタート位置を合わせれば、あとはそのまま巻いていくだけで大丈夫。しかもフイルムバックは120・220共通で、カウンターはフイルムバック側についている。複数のフイルムバックを使い分けできるというわけだ。
 外装は18-8ステンレス鋼板磨仕上ということで、これどうみても贅沢仕様カメラです。

 デメリットは、重い。とりあえず重い。MAMIYA C330とZENZA BRONICAどっちを持っていくか、と尋ねられたら、ちょっと考えてしまうほどに重い。
 あと、巻き上げの最後にガチャンという大きな音がする。個人的にはこれは「しっかり準備できたよ」サインだと思っているので良いのだが、苦手な人も多いようだ。あと、シャッター音のデカさ。びっくりする位に大きな音がする。\ガシャン!/
 あとは・・・現代において、レンズの選択肢が無いのが心許ないかな。まぁこれはMAMIYA C330でも同じなんだが。
 あとはそうだな……レンズ交換式なので先生の興味を惹かないという点か。6×6判で75mmならミノルタフレックスとかオートコードあたりのほうが、確かに軽量で写りは良いのかもしれないが……。

 とりあえず近日、ファインダー清掃を行う予定。凄くしっかり作られているカメラで、迂闊に分解したら確実に戻せなくなるだろう。メンテナンスは創業者の息子さんがオーバーホールの業務を行っているので、そちらに頼めば良い。


 ところで、このカメラはレンズマウントが2種類ある。径57mm・ピッチ1mmのスクリューマウントと、レンズと本体の間のブロニカ大型バヨネット。大型バヨネットにヘリコイド繰り出しブロックがついていて、その先にレンズを装着する方式。よく出来ている。

 このカメラの場合、機構は素晴らしいというか、音以外には文句のつけようがない。私の場合は手応えや音も含めて文句無いのだが。あとは、レンズがどれだけ写せるか、だよなぁ。ゼンザノン(東京光学もしくは富岡光学・またはノリタ光学のOEM)とかビオメター(ツァイスのOEM)、コムラー(三協光機)のレンズではない純正品のニッコール。よく写るらしいが……。