写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。


 カメラを直したり掃除したり試写してみたり。
戻る 最新記事へ
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

October, 2018
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<< < 今月 > >>
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
Twitterにリンクとコメントをtweetできます。

**この記録帳のカウンター**
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリー
サーバーの許容量目安
■■■▲□□□□□□
35%前後使用中・65%残量
< Nikon L35AD(6) Mamiya 135AFサルベージ>

一週間の活動

日々のぼやき | 2018年 7月31日(火)23時21分
 洒落にならないレベルで仕事にならないので、畑復活のために動いていました。


 セイタカアワダチソウとススキだらけになってしまった畑を草刈りして、乾燥。のち、消防署の許可をとって燃やす、燃やす。台風の前にやってしまえ、という感じで。


 そしてトラクターの出番。モリブデングリスをたっぷりと与え、出動。一度目は自分がやって、二度目は親父殿が。(草刈りする前は2枚目の写真の背景みたいな状態になっていた)
 こういうのは試行錯誤しながらやるしかない。取扱説明書もない、ちゃんとメンテナンスもされているのかも分からない装置なので、まずはそこから。ロータリーのブレードもどこまで耐えられるか分からないので、最初は手加減しながらやって、そっちに気をとられたら転回にミスって畑の中でスタックしかけたり。
 まあ、色々あったけどとりあえず一回目の漉き込み完了。雑草が伸びる前に定期的に漉き込んでやらねば。

 土は良いのだが、雑草のおかげで土壌の栄養がスッカスカになっておりました。各種堆肥等を加えて、土作りからやらないと。
 まず、8月はとにかく土を掻き回してやることに専念。9月になってイベント終わったら土作りを開始して、早ければ冬植えのものから、遅くとも春植えのものには間に合わせたい。
 化学肥料不使用、農薬不使用でやるどー!


 おまけ。

 トラクターとロータリーは作業効率を桁違いにアップさせてくれるが、燃料、オイル、グリースを要求してくる。
 おそらく80番あたりのギヤー油圧兼用オイル(農耕用)を、一度に16リットル要求される。300時間毎っていうけど、これトラクターだけの話であって、ロータリーにもチェーンとパワーテイクオフ部のオイルとグリースが必要で・・・。(もう考えたくない)
いいね(0) 閲覧(78)
< Nikon L35AD(6) Mamiya 135AFサルベージ>
コメント
1 | kan | 2018年 7月31日(火)23時29分

いよいよ本格農業ですか、機械も入って準備はよろしと言うところですね。何を主に作るのかな。
2 | 時深彼方 | 2018年 7月31日(火)23時53分

 まずは簡単かつ基本的な野菜から作っていきます。連作障害が起きないように注意しながら。
 土壌的にサツマイモは難しいので、トウガラシ、各種葉物、あとは植える季節にもよりますが、大根とか人参とか作りたいですね。
 半端に良いものを植えると、イノシシ、鹿、猿の被害に遭うので・・・。
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com