写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【日々のぼやき】

October, 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
日々のぼやき
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< 息抜きに遊んできた。 「デジタルカメラはどこまで嘘吐きになれるか」>

レンズって難しい。

日々のぼやき | 2016年 5月10日(火)14時51分
 いやまぁ、CGも作れるのでレンズの屈折率データとか見ながら試してみた。

 こんな感じで対象物とレンズを設置して、


 基礎の「トリプレット」を真似てみた。


 筒を覗き込むと、一応鏡像にはなっているが、画にならん。しかし鏡像になっているということは、理論としては間違っていないわけか。というと、レンズ構成部分のデータ間違いか、基本設計が間違っている。ということになるのだな。バkックフォーカスの問題ならばいいのだが、絶対違う。難しいなぁ。昔のひとはすごい。

 ちょっとトラブルがあって対応に時間とられたのでパラはおやすみ。
いいね(0) 閲覧(266)
< 息抜きに遊んできた。 「デジタルカメラはどこまで嘘吐きになれるか」>
コメント
1 | kan | 2016年 5月10日(火)15時 2分

トリプレットですか、どう見てもレンズ間隔、特に後玉が離れすぎていますね。トリプレットの基本は、凸凹凸ですが、中球も凸に見えます。前二枚の合成で強い凸になって、後ろが離れて凸だと天体望遠鏡的配置ですね。
2 | 時深彼方 | 2016年 5月10日(火)16時55分

 一応セオリー通りに凸凹凸で組んでいます。
 とはいえ、わりと勘で作っているというか、20分ほどで作った「遊戯」なので、あまり突っ込まなくても大丈夫です。
 屈折率データはまぁまぁ正確な数字を打ち込んであります。レンズ1枚あたりの透過率は100%というわけにもいかないので90%くらいにしていますが、暗すぎですね。
 そして鏡像というか上下逆さまに出ているので、設計や計算はともかくとして、とりあえず自分の頭の中で考えていた理論は大体合ってるかな、という感じのお遊びというか、答え合わせです。レンズ口径とか何も考えずに作っているので、うまく写るわけがないというのは分かりきっていたことなんですけど、試行錯誤しても正しい位置に像が出ないのは、なんか悔しい(笑)
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com