写真家

※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
APNICにて日本に割り当てられているIPv4アドレス以外からのPOSTを禁止しています。
◆日本国内であっても企業や特殊な割り当てをされているIPアドレスの場合、投稿出来ない事があります。
Comments cannot be posted from outside of Japan.
戻る 最新記事へ

【日々のぼやき】

October, 2020
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
日々のぼやき
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< Eスポの季節になった。 多忙、そして来ない荷物。>

目の前で物が壊れる恐怖。

日々のぼやき | 2016年 5月23日(月)13時38分

 椅子に座って文字入力中に、いきなり「ポコッ」って壊れた。webカメラ。
 やめて……やめてくれ……。「誰も何もしていないとき、何かが壊れて視界内で落ちる」っていうのは、私にとって凶事の合図なんだ……。今までこれが外れたことがない。だいたい当日中から24時間以内に何かが起きる。
 触っていて壊れた、とかなら何も起きないのだが、今回は触っていなかった。それくらい突然に壊れて落ちた。単純にモニタークリップの寿命なんだろうけど、それでも怖い。

 頼む、凶事の予感、外れてくれ。

 イルフォードやケントメアの印画紙を販売しているところ発見。
 大四切(おそらくワイド四つ切)50枚で1万5千円ってちょっと高くないか・・・まぁ、RC多諧調だけど。フジのフジプロ・バリグレなら大四切20枚で5800円だぞ!・・・あれ、あまり値段変わらなくね?

 って、ちょっとまて。これ号数紙じゃなくて多諧調印画紙じゃねーか!
 フィルタ無いから多諧調印画紙使えないよ! 欲しいのはフジプロ・バリグレではなくフジプロWPだよ! Amazonさんはバリグレしか取り扱っていないのかよ!

 楽天さん出番です。

 うーむ。楽天さんには存在するな。FM2とFM3を買えばいいわけだ。
 あれ、待てよ。ワイド四切は、まぁ6×9なら分かるけど、6×6判なら普通に四切でいいんだよな。だってスクエアだし。
 あ、いや、マミヤプレス使わないと。135じゃ余程ガチピンじゃないと流石に半切まではいけないか。

 落ち着け。必要なものを考えよう。
 枚数はそんなに多くなくていい。フジプロWPの、ワイド四切と半切。
 号数は2・3・4があるが、4号って超硬調だよね。おそらく。とりあえず2号と3号を用意すれば間違いないかな。で。パピトール。なんで8リットルサイズ……。そんなに一気に使わないって。濃縮保存法でなんとかなるのかなぁ。よくわからないけど、まぁ500円なら多少多めに買っても良さそう。

 あと、エアコンの目張りが必要か。うるさいのは我慢すればいいけど、光が入ってくるのはまずい。雨戸を1枚だけ閉めて、エアコンの空気循環を確保すれば昼でも焼ける・・・はず。

 よし、焼き準備に入るか。
いいね(0) 閲覧(432)
< Eスポの季節になった。 多忙、そして来ない荷物。>
コメント
1 | kan | 2016年 5月23日(月)14時 4分

引伸ばし機を貰いに行った時に、もらえるものは何でも貰おう、特に印画紙と言ったのは高価なのに消耗品だからです。焼く人が激減した理由でもありますね。

とは言えスキャンとはぐっと違う味、自分で焼く醍醐味を是非経験して下さい。見る目が変わります。

普通のものはキャビネが良いです。スキャンにも耐えますから便利です。
ハーフから四つ切も普通にありです。35㎜ならデータに不足はありません。だからライカが売れたのです。そこから上は技術にコストや機材も含めて別世界だと思った方が良いでしょう。大四つ切は案外中途半端なサイズですね。普通の四つ切に焼く時には合わない部分を焼く前に裁ち落としてテストピースにすると無駄が出ません。
2 | kan | 2016年 5月23日(月)14時10分

ちょっと補足

35㎜は24×36㎜、つまり1:1.5と横長です。ネガフル(印画紙の上下が余る)か印画紙一杯(左右をトリミング)か、上下左右に2センチ程度の白縁をつけでネガフルで焼くか、これらの判断は焼く前に決めておきましょう。

キャビネではトリミングで印画紙一杯なら手いらずで作品として見せられます。(裁ち落としはテストピースと言うほどの物が出ませんから)
3 | 時深彼方 | 2016年 5月23日(月)14時15分

 初焼きの時は時間があれば是非ともご教授頂ければ……。
 とりあえず基本はキャビネですね。そこから練習していきます。

 キャビネか四切を裁断して、テストピースにすれば無駄が出ませんね。
 6×9だと四切が適切でしょうか。それともワイド四切でしょうか?

 とりあえず現物合わせでもいけそうな気がしますが・・・。
4 | kan | 2016年 5月23日(月)14時37分

現物合わせ、余白も含めて明るい所でイーゼルを設定して、それに合うように焼くのが良いです。もちろんキャビネは専用イーゼルですから何も準備はありません。

焼いた後、普通は縁を裁ち落とします。キャビネはハンドリング的にもそのままですね。

印画紙にはプラスチックのWPが主流になりました。紙ベース(バライタ紙)は深い諧調が持ち味ですが。水洗時間が極端に長く、乾燥には平面化(乾燥機や圧縮乾燥機)が必須で極めて扱いにくいです。実用としては終わっています。
5 | 時深彼方@Mobile | 2016年 5月24日(火) 4時19分

さすがにバライタは買いません。買い間違えないように細心の注意を払います。というより取り扱える気がしません……。昔はバライタだけだったのでしょうけど……。
裁ち落とし……それで先日のカッターが役立つわけですね。まだ研いでいませんが。

取り敢えず、パピトールと大四切は購入確定ですが、これから焼き始めるのにいきなり半切を買うのはまだ敷居が高いでしょうか。別に問題ないのであれば、この際買ってしまおうか、どうしようか悩んでいます。
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com