写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【日々のぼやき】

October, 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
日々のぼやき
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< 模様替え作業中。[更新終了] 写真選定中。>

忘れられたフイルムの中身 1

日々のぼやき | 2016年 3月22日(火)17時43分
 部屋を掃除していたらカラーネガフイルム(現像済み)を発見。はて、いつの写真だろう、と思ってスキャンしてみた。


 ……おいこれ、心当たりがあるぞ。
 おそらく今から16年前に撮影したフイルムだ。

 しかし、それにしてもピンが甘すぎる。トイカメラ(文字通り玩具カメラ)で撮影した可能性が捨てきれない。(実際にそういうものが家の中にはあった)


 同じフイルムの中の1コマ。はて。これは何処かで見覚えがあるのだが。どこだろう。
 いくつかヒントを上げておくので、何処か心当たりがあったら教えてください。





 うーん。これは何だろうなぁ。全体的に前ピンな感じがする。当時、目は悪くなかったから、おそらくマニュアルでピント合わせするような機種ではない。そもそも無限遠レベルの距離でもボケてる。撮影フイルムはパーフォレーション情報によると、FUJI SP100と表記されている。
 手振れしているようには見えないし……これは口径食か。これだけ酷いということは安物カメラで撮影していると思うのだが……。
いいね(0) 閲覧(277)
< 模様替え作業中。[更新終了] 写真選定中。>
コメント
1 | kan | 2016年 3月22日(火)18時12分

結果からカメラを当てるなんて無理です。3から5メートル程度にピントがあるので、使い捨て系かと最初は思いましたが、被写界深度がカットにより異なるので違いますね。周辺が収差でボケるのは固定焦点の簡単カメラならそれ程不思議ではありません。

画面周辺ではレンズを斜めに見るので、絞りが円に見えず、中央より光が不足になります。これが口径食です。また、広角ではレンズからフイルムまでの距離が短く、周辺は距離の二乗に反比例して光の量が落ちます。
これはあらゆるレンズで見られますが、特に焦点距離が短いレンズでは顕著です。レンズ形式やいろいろな工夫(レトロフォーカスの採用など)で緩和され、現代のレンズではひどいものは少なくなりました。それでも周辺が中央の50パーセント以上あれば良い方です。主題を強調する効果があるので、広角で日の丸構図が使われ易い理由でもあります。
2 | 時深彼方 | 2016年 3月22日(火)19時59分

 自分も最初はそう思いました>使い捨て系
 
 しかし、使い捨て系だとしても、15年前こんな低感度なフイルムを装填してあるとは考えにくい。OM-2Nの使用を疑いましたが、さて、最初の写真のような場所に持っていくとなるとカメラバッグを持ち歩いて、というわけにはいかず。
 おそらくですが、蛇腹のかわりにレンズ部が飛び出す仕掛けのトイカメラだと思われます。それっぽいものをどこかで見たような記憶があります。(コダック製かも?)

 問題は、どこで撮影したのか……。これが思い出せない。
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com