写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【現像記録】

October, 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
現像記録
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< 失敗現像を強制起こししてみた。 自前現像:Nikon L35AD 1>

カラー現像 第二弾

現像記録 | 2016年 4月12日(火)15時 2分
 まだ、負けない。


 今回は前回の失敗から立ち直るために、そこそこな鮮度のフイルムを使用。
 フイルムはFUJIFILM SUPERIA X-TRA 400を使用。ただし使用期限1年切れ。撮影は昨日と今日の2日間。

 作業は以下の通り。
・発色現像 30℃ 5分30秒 20秒投入、40秒倒立攪拌、1分おきに1度倒立攪拌、排出10秒。
・水洗 30℃~35℃ 6回ほど およそ以下のように水の色が無色近くになるまで

・漂白 30℃ 6分30秒 20秒投入、40秒倒立攪拌、1分おきに1度倒立攪拌、排出10秒。
・水洗 30℃~35℃ 3分30秒 かけ流しというよりザバザバ流す感覚。
・定着 30℃ 6分30秒 20秒投入、40秒倒立攪拌、1分おきに1度倒立攪拌、排出10秒
・水洗 30℃~35℃ 5分 →乾燥
※富士QWは使っていない。


 お?


 おお??
 これは上手くいったんじゃないのかな、かな。


 午前中は遮光カーテン(暗幕)の洗濯。洗い方さえ気をつければ丸洗いできる。
 ただし、黒の面が窓の外を向いているので、室内の気温上昇には要注意。

 Twitterで遮光カーテンの話をしたから、それだと思った?
 残念、現像記録でしたー。
 遮光カーテンの黒さマジすげぇ。暗幕というだけある、従来の遮光カーテンとは比較にならない、というか光が入ってこない。
いいね(0) 閲覧(394)
< 失敗現像を強制起こししてみた。 自前現像:Nikon L35AD 1>
コメント
1 | kan | 2016年 4月12日(火)15時21分

問題ないですね。ネガカラーとして出たと思います。やはり一昨日の問題はフイルムにあったということでしょう。

おめでとう!
2 | 時深彼方 | 2016年 4月12日(火)15時29分

 ありがとうございます!
 やはり発色現像と漂白の間の水洗が重要なような気がします。しっかりヌケていますし。パーフォレーションの文字も見えるので、乾くのを待ってからスキャンして、今後の参考にしてみます。

 古いフイルムですが、とりあえず現像ちょっと押し、漂白普通プランで考えています。
 標準的な4浴式現像で、漂白前に水洗プロセスがなかったのですが、やはりここが悪さをしているのかもしれないです。結構しつこく洗いましたので。
3 | kan | 2016年 4月12日(火)15時37分

古いフイルムは膜面が荒れていて、汚れを出しやすいようです。これが残るとスポットやシミになるようです。ただし、発色のカプラーが痛んでいたり、働きかける銀塩の潜像が弱くなっていると画像が出にくくなります。これは現像押しただけではどうにもなりません。次のフイルムのコンディションが良い事を祈るのみです。
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com