写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【修理と補修】

October, 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
修理と補修
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< セーフライト修理準備 Repair test: Canonet QL17 G3>

Kan先生からの宿題(5)

修理と補修 | 2016年 4月 1日(金)11時59分
 MAMIYA PRESS SUPER 23の補修。というかメンテナンス。
 シンナーの香りは、空腹を誘う。


 接着剤で固めてあるアイピースを、わざと外した。接眼部は汚れ云々もそうだが、清潔さが求められる場所である。あと、右目用で固定されていたので左目用にしたかった。プラスチック対応シンナーとアルコールで軽く汚れを落とす。
 ビューファインダーにクモリはあるものの、もっと酷かったらしい。これ以上やるとすりガラスになりかねないので手をつけないことにする。


 ちょっと気になっていたレンジファインダー部の汚れを落とす。これは黄色いほうのガラス。レンズクリーナーで一撃。油脂が残っている感じでした。
 天面部はあまり触るとレンジファインダーが狂うので、埃を飛ばして元に戻す。


 蛇腹部と、その接続点をクリーニング。
 固定ノブが硬いので、もっとも優しいタイプの油を注油。ぐりぐり動かすと埃がめり出してくるので、それをふき取る、を繰り返す。グリースを与えるのが正しいのかもしれないが、引っ張って外れるのかよくわからないので、あまり悪戯しないようにした。
 蛇腹は状態が良いので埃を払う程度でOKでした。


 前面にマジックで傷を隠したような跡があったので、シンナーで剥がす。
 色が合っていれば良かったのだが、おそらく油性マジックのようなものでなぞって消していたっぽいので、色が合わなかった。それなら傷が見えたほうが使い込んでいるようで、そのほうがいい。

 明日はあまり時間がとれないので、清掃はフイルムカートリッジ部のみを行う予定。
いいね(0) 閲覧(442)
< セーフライト修理準備 Repair test: Canonet QL17 G3>
コメント
1 | kan | 2016年 4月 1日(金)23時25分

ははは、ちょうど良い練習台ですね。まあ楽しんでください。
2 | 時深彼方@Mobile | 2016年 4月 2日(土) 2時15分

機構がシンプルなことこの上ないので、勉強するにはもってこいです。単純ゆえに頑固、頑丈。
あと、大きいので動きが分かりやすいですね。
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com