写真家
※このページはサイトトップではありません。ウェブサイトはこちらです。
戻る 最新記事へ

【撮影記録】

October, 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< < 今月 > >>
プロフィール

名前: 時深彼方
性別: おっさん
血液型:
居住地: 静岡県富士市
出身地: 福島県安達郡
サイト: 写真家"彼方"の白い小箱
自己紹介: いい年こいた未婚の男。
自営業と自衛業とバイトをしつつ、なけなしの金を女に貢がず写真に注ぐ変人。

Twitterにリンクとコメントをtweetできます。
最近のエントリー
最近のコメント
撮影記録
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
サーバーの許容量目安
■■■■■■■□□□
65%前後使用中・35%残量
< Canonet QL17 G3試写暫定1 Canonet QL17 G3 試写3>

Canonet QL17 G3 試写2

撮影記録 | 2016年 2月16日(火)14時21分
 マニュアルモードでスキャンしたら、7割くらいの写真は救えた! よかった!



 スキャンはB&Wネガモード、弱逆光補正モードにしてマニュアルスキャン。輪郭補正なし、粒状感低減標準。
 僅かなレベル補正とゴミとり、アンシャープマスクのみで処理終了。

 先生のほうで正常にスキャン出来ているデータは、なぜかこちらでは正常に読み取りできないことのほうが多かった。
 逆に先生のほうでスキャン不能に近いデータは、こちらではほとんど正常。

 謎。
いいね(1) 閲覧(368)
< Canonet QL17 G3試写暫定1 Canonet QL17 G3 試写3>
コメント
1 | kan | 2016年 2月16日(火)14時34分

その違いはネガのコンディションが原因の一番で、次にスキャナの特性とドライバーの違いでしょうね。

このネガはフイルム濃度の上下一杯範囲で取り込みました。濃度の下の部分の扱い、中間調などをどう補正するかで変わりますね。特にガンマ補正をすると顕著です。

私は「引伸ばしでできない事はしない」という方針なので、ほとんどガンマ補正しません。薄ネガだとその辺が問題として出ますね。

このカットは大きく三階調ですから、拾いやすいと思います。中間が混合での明るさで、白と黒の二値でも中間濃度に見えるので拾えたのだと思います。ベタのトーンだと苦しいと思います。
2 | kan | 2016年 2月16日(火)14時47分

ツイッターに書きましたが、用意が出来たので何時でも出られます。第一回現像は何時にしましょうか。一本だけだから簡単です。金曜日かな。
3 | 時深彼方 | 2016年 2月16日(火)16時 1分

 恐らくそんなところだと思います。スキャン可能なネガでも、一部おかしなデータが出たりしたので、やはりアンダーはアンダーですね。

 とりあえず当面は、おかしなデータは削除してアップしていこうと思います。
4 | こばやし | 2016年 2月16日(火)20時44分

たったいまTwitter導入しました。今度あったとき利用方法レッスンしてください。
5 | 時深彼方 | 2016年 2月17日(水) 6時38分

こばやし氏>
 とりあえず、 http://www.twitter.com/kanatatokimi をフォローするか、(専用クライアントなら @kanatatokimi を指定)そっちのTwitterIDを書き込んでくれればフォローするよ。
6 | kan | 2016年 2月17日(水)10時45分

私はhttps://twitter.com/で @kans1948 をフォローしていただけば良いです。すぐにフォローを返します。
全てのコメント
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

hbg.cgi Ver. 1.045
Copyright(C) 2009-2014, hidekik.com